2016.12.20

旅の豆知識

相鉄フレッサイン

国内旅行へ行く際に保険の加入は必要?

国内旅行へ行く際に保険の加入は必要?

国内旅行保険に入ることは、デメリットよりメリットが大きい

国内旅行保険は、正しくは「国内旅行傷害保険」と言い、旅行中のケガや病気の補償、他人への賠償責任補償、救援者費用(何かあったときに、家族が現地へ行く費用など)の補償などを行うものです。この保険には、通常の保険にはないデメリットとメリットがあります。

まずはデメリットを見ていきましょう。国内旅行保険は、1回の旅行に対して加入する保険なので、基本的に「掛け捨て」です。つまり無事に帰って来た場合、加入者からすれば「お金を払っただけの安心料」になります。日本の場合は、大抵の人が生命保険や損害保険に加入しているため、わざわざ旅行保険をかけるまでもないと思いがちです。

一方で、国内旅行保険のメリットは大きく3つ挙げられます。1つ目は「手軽さ」。旅行期間のみの短期補償なので、手続きがとにかく簡単です。家族単位での加入も楽々できます。2つ目は「コストパフォーマンスの高さ」。短期の掛け捨て保険なので、保険金の金額に対して何かあったときの補償がかなり大きくなっています。損害保険や生命保険で同等の補償を受けようとすると、かなりの保険料が必要になることがあります。

3つ目のメリットは「旅行ならではの補償」。救援者費用、携帯品の破損や盗難補償、保険によっては留守宅の盗難補償など、通常の保険ではカバーできない補償を受けられるタイプもあります。このように、国内旅行保険に加入することで、たくさんのメリットを得ることができるのです。

国内旅行保険の保険料の目安

では、実際の国内旅行保険の保険料はどれくらいなのでしょうか?

日帰りをはじめ、3泊4日くらいまでは、保険料が1,000円以内で済むケースが多く、オプションの補償をつけなければ、500円以内の場合もあります。7泊ほどの長期の旅行になると、1,000円以上になることがあるようです。

ただし、オプションの補償を追加するかどうかによって値段は変わるので、ご注意ください。

国内旅行保険で補償される主な内容

国内旅行保険では基本的に、「傷害、死亡」、「後遺障害」、「入院」、「通院」、「賠償責任」、「救援者費」などが補償されます。「救援者費」がつくのが旅行保険ならではの特徴。「携行品被害」(持ち物の破損や盗難の場合)を基本プランで補償する会社もありますが、オプションになっている場合も見られます。

そのほか「留守宅家財盗難補償」、「航空機欠航、着陸地変更宿泊補償」など、旅行ならではの補償を準備している保険会社もあります。

たとえ国内旅行といえども、普段の暮らしでは思いもよらないトラブルにであうこともあります。国内旅行保険の保険料は、補償の大きさに比べれば、コストパフォーマンスがとてもいい金額です。無事に帰ってくるまでの安心料として、日帰り旅行や一泊旅行でも保険に加入することをおすすめします。

相鉄ホテルズクラブ お得なキャッシュバック会員プログラム特典多数!

2021年9月28日、
会員プログラムがリニューアル
ポイントプログラムからキャッシュバックへ!
 

相鉄ホテルズクラブ
アプリでさらにお得

  • App Store
  • Google Play
  • QRコード

イメージ:SOTETSU HOTELS CLUBアプリ

相鉄ホテルズクラブ 詳細を見る

iPhoneやiPadなどのiOS端末においてSafariの「コンテンツブロッカー」が有効になっていると、一部、正常に表示されない場合がございます。恐れ入りますが、端末のコンテンツブロッカーの設定を一時的にオフにしてから再度お試しください。
表示が出来ないケースが確認されているのはTREND MICRO社の「ウィルスバスターモバイル」ですが、他の広告ブロックアプリをご利用の場合も、同様の手順で解除が可能です。

設定手順について