2022.06.16

スタッフ日記

大阪天満宮|天満の天神さんにおさんぽへ

学問・芸能の神様、菅原道真公を祀る日本三大天満宮のひとつ「大阪天満宮」は天満の天神さんで地域の住民に昔から愛されるパワースポットです。

七五三や結婚式、お参りご祈祷と詣でる方も多種多様に天神さんに足を運びます。
 

近くには、上方落語の聖地としても有名な寄席、天満天神繁盛亭さんがあります。

落語は昼寄席、夜寄席とありますが、夜は若手中心でいろんなイベントで最近は若いお客様も増えているとの事です。素敵ですね。

こちらは「大将軍社」です。八衢比古神(やちまたひこのかみ)、八衢比売神(やちまたひめのかみ)、久那斗神(くなどのかみ)を祀っています。
 

こちらは蛭児遷殿です。蛭子大神を祀っているとの事です。正面から入ると左手奥に向かって進むとひっそりと祀られていました。

この他に境内には、こちら「鬼瓦」です。

もっと「鬼・鬼」しているのかと思っていましたがそうでもありません。

◆大阪天満宮のアクセス
住所:大阪府大阪市北区天神橋2丁目1番8号
TEL:06-6353-0025
アクセス:地下鉄谷町線・堺筋線「南森町駅」下車徒歩5分
JR東西線「大阪天満宮駅」下車徒歩5分

ぷらりとはいった建物には、このような人形が飾られていました。

菅原道真は幼少の頃から類まれな才能を持ち合わせ、わずか5歳で和歌を詠むなど周囲からは神童として仰がれていたようですが、この人形との関連性もきっとあるだろうと想像する事しかできません。

こちらは大阪天満宮の御朱印です。お値段、ちょっとお高めの500円。

「大阪」の文字に重ねて梅の社紋、「天満宮」の文字に重ねて神社印が重ねて押されているシンプルなデザインです。今年の天神祭も花火の打ち上げがないという事で、寂しい限りではありますが、昨年も打ち上げ花火はなしといいながら、数発花火が打ちあがりましたので、今年も期待することにします。

大阪天満宮は、大阪市北区天神橋にある神社です。
別名に天満天神・浪華菅廟・中島天満宮があります。
地元では昔からは「天満の天神さん」と呼ばれ親しまれている大変人気のある神社です。
 毎年7月24日から25日にかけて行われる天神祭は日本三大祭、大阪三大夏祭りの一つとして知られています。

是非、大阪観光の際には、足を運んでみてはいかがでしょうか?
ご宿泊のホテルは是非当ホテルまでご予約お待ちしております。
相鉄フレッサイン大阪なんば駅前
支配人

相鉄ホテルズクラブ お得なキャッシュバック会員プログラム 特典多数!

2021年9月28日、
会員プログラムがリニューアル
ポイントプログラムからキャッシュバックへ!
 

相鉄ホテルズクラブ
アプリでさらにお得

  • App Store
  • Google Play
  • QRコード

SOTETSU HOTELS CLUB

相鉄ホテルズクラブ 詳細を見る

iPhoneやiPadなどのiOS端末においてSafariの「コンテンツブロッカー」が有効になっていると、一部、正常に表示されない場合がございます。恐れ入りますが、端末のコンテンツブロッカーの設定を一時的にオフにしてから再度お試しください。
表示が出来ないケースが確認されているのはTREND MICRO社の「ウィルスバスターモバイル」ですが、他の広告ブロックアプリをご利用の場合も、同様の手順で解除が可能です。

設定手順について